登録しました
ページ更新後に反映されます
すでに登録されている物件です。
お気に入り物件から削除されました
ページ更新後に反映されます

共通メニュー

ぱんくずリスト

トップ >タウン情報 詳細

コラム&地域情報 詳細

楽しく学べる!知的好奇心をくすぐる伏見区のスポットを紹介

2020-01-13

『京都市青少年科学センター』で科学の魅力を見て、触って、感じてみよう!

京都市青少年科学センターは京都市伏見区深草にある科学館です。
100点以上の体験型の展示品が並んでおり、科学の魅力を見るだけでなく、触れることができます。
光の反射の仕組みがわかる人間万華鏡や、実物元素周期表、雲の動きをじっくり観察できる「くもダス」など、面白い展示物がたくさんありますよ。

机に向かって科学の勉強をするだけでなく、実際に見て・触れるというのも科学を好きになる上で欠かせないことです。
子供が科学を好きになるきっかけを作るのはもちろん、大人でも楽しむことができるスポットですね。

また、プラネタリウムも併設されています。
2020年7月のリニューアルオープンのため、現在は投映が中止されていますが、リニューアルされたプラネタリウムは待ち遠しいですね。

祝日や振替休日には、科学工作イベントや体験教室も行われています。
不思議な動きをするコロコロたまごや、ストロー笛などを作るイベントもあります。
青少年科学センターの先生が色々なテーマで実験や観察を行なっている「サイエンスタイム」も人気です。
液体窒素による低温科学の実験など、毎回内容が変わるため、それも楽しみですね。


本格的な寿司を作りたい方必見!『京都うめもり寿司学校』

日本が誇る和食。
その中でも、不動の人気は「お寿司」ですね。
『京都うめもり寿司学校』では、そのお寿司の作り方を学ぶことができます。
2016年にオープンした京都うめもり寿司学校は、海外からの利用者も多い人気の施設です。
京都市バス「パルスプラザ前」を下車してすぐの所にあるため、アクセスも楽ですね。

本格手握りコース・柿の葉寿司コース・飾り巻寿司コース・極上鯖棒寿司コースの計4つのコースが存在しています。
シャリ作りから始める本格体験です。
法被や和帽子を着て、まさに本格的な寿司職人スタイルで体験ができます。

日常の中で、お寿司を握ることは滅多にありませんよね。
正しいお寿司の握り方や、お寿司の文化なども教えてくれます。
ぜひ一度、体験してみてはいかがでしょうか。


家族で和菓子作りを楽しめる!『菓寮 伊藤軒』

1864年に伏見区で創業された『菓寮 伊藤軒』はさまざまなお菓子を製造・販売しています。
京都の老舗で、お菓子が好きな方の中には名前だけでも聞いたことがあるかもしれませんね。

和菓子作り体験ができ、お子さんと一緒においしいお菓子を作りたいといった方はオススメです。
予約制なので必ず予約を取りましょう。

体験は「おてがる体験」と「本格上生菓子体験」の二種類があります。
「おてがる体験」は所要時間30分、金額1,000円のお気軽コースです。
例えば、一月は京独自の製法である「こなし」を使用した和菓子を作ることができます。
こなしとは、こしあん、小麦粉、砂糖を蒸して手で揉み込んだ生地です。
こなしを色付けし、紅葉や梅などを表現していきます。

「本格上生菓子体験」は、所要時間60分、大人2,000円、中学生以下は1,500円になります。
この体験では、1月はこなしを使用した和菓子に加え、きんとんを作ることができます。
網でこして作ったそぼろ状の餡をまわりにつけたお菓子がきんとんです。
作ることができる和菓子は毎月変わるため、ぜひ公式ホームページもチェックしてみてください。

和菓子づくりは難しいんじゃないか…と思う方もいるかもしれませんが、和菓子職人が、優しく作り方を教えてくれるので安心です。

カフェも併設されており、ぜんざいやくずきりなどの和菓子はもちろん、ボリューム満点のランチも楽しめますよ。
店内はバリアフリーといろいろな方に楽しめるよう配慮が行き届いていますね。


『京都市伏見中央図書館』で伏見区の秘密を調べてみよう!

※掲載画像は全てイメージです。

京都市伏見中央図書館は、伏見区役所に隣接した図書館です。
大手筋商店街の近くにあり、アクセスもしやすいですね。

約16万冊以上の蔵書があり、伏見コーナーには伏見区の関連資料が約1,000冊貯蔵されています。
お子さんと一緒に、伏見区について調べてみると良いかもしれません。
有名な伏見のお酒についての本など、自分が住んでいる伏見の土地柄についても知ることができますね。

また、朗読会などのイベントも開催されています。
乳幼児向けの絵本の読み聞かせや、紙芝居イベントなども行われています。
興味のあるイベントがあった際は参加してみてはいかがでしょうか。

図書館が毎月発行している「こぎつね通信」や「Fox Letter for Teens」にも注目です。
小さいお子さん向けの発行されるこぎつね通信では、世界を感じる本や身近な神様についての本など毎回様々な特集が紹介されています。
Fox Letter for Teensでは、中学生以上の大きなお子さん向けに仕事に関する本など紹介されています。
刊行誌を手に「今月はどんな本を読もう」とお子さんと計画を立ててみるのもいいですね。


フッター

ページトップボタン